射精の勢いは妊娠に影響する?精液の飛距離を伸ばしたい方必見!

 

射精の勢いには個人差がありますが、誰でも年をとって体力が低下してくれば射精の勢いも衰えてきます。

 

ところが近年、若い人にも射精の勢いの弱さに悩んでいる人がいる模様。

 

以前に比べて射精の勢いがなくなった、自分の射精の飛距離が気になる、精液の量が減ったなどと心配になってきた人は、ここで紹介する射精の勢いを取り戻す方法について参考にしてみてください。

 

射精時の勢いがなくなった…

 

射精の勢いがなくなってしまう原因として考えられるのは、主に3つあります。

 

加齢は誰にでも起こることですが、あとの2つは何らかの副作用や病気です。どちらも、性的な問題以外に影響がおよばないか心配になってきますよね。

 

加齢による筋力低下のせい

 

精子の数に上限はないといわれていますが、製造ペースが加齢によって低下してくるのは仕方ないことです。

 

また、年をとって筋力が低下してくると、射精に必要な筋力まで落ちてしまう可能性があります、栄養をとったり筋力を鍛えることで対策は可能ですから心配ありません。

 

副作用や病気などの場合は治療を優先

 

しかし、副作用や病気の場合はもっと詳しく原因を調べてみたほうがよいでしょう。

 

服用している薬の副作用なら、その薬をやめれば射精の勢いが戻るのか試してみるのも一案です。

 

もちろん、健康のために薬を服用しなければならない場合は、射精より健康を優先するのが賢明です。

 

医師から処方されている薬であれば、相談によって薬の種類を変えてもらえる可能性もあります。射精の勢いが弱くなった原因が病気にあるなら、病気を治すことが先決です。

 

 

射精力が落ちると妊娠に影響する可能性あり

 

射精の勢いが衰えたところで、相手にわかるわけではないし大した問題ではないと考えることもできます。

 

しかし、射精の勢いがなくなるということは、勃起に関係する可能性も大です。

 

勃起力が落ちてしまうと、セックスする相手にバレてしまうかもしれません。また、勃起しにくくなることでセックス自体が上手くいかなくなることもあるでしょう。

 

他にも、精液が十分に飛ばない、精子の量が減ったなどということになれば、妊娠にも影響してきます。

 

子どもがほしくて頑張ってセックスしている夫婦にとって、深刻な問題です。より元気で飛距離があるほうが妊娠の確率は高まりそうですから、射精の勢いを取り戻すために努力する価値は大いにあります。

射精の勢いを取り戻す方法

 

射精の勢いを問い戻すには、いくつもの方法があります。

 

できるところから始めてみるのが、少しでも早く問題を改善するためのコツです。ここでは、身近なことでできる射精の勢いを取り戻す方法を紹介します。

 

オナ禁し精子を貯める

 

10代の頃と違って、何度射精してもまだまだイケるという大人の男性はそうそういないでしょう。

 

オナニーのしすぎで、精子の量が減ってしまう、肝心な部分の筋肉が疲れてしまうということもあります。

 

射精の勢いが弱ってきたと思ったら、一度オナ禁して精子を貯めてみてはいかがでしょうか。

 

禁欲している合間に、筋肉を鍛えておくのも効果的です。オナ禁明けてのセックスは、興奮度も格別に高まる期待があります。

 

PC筋トレーニング

 

 

筋トレによって、射精の勢いをアップすることは可能です。

 

筋トレすると男性ホルモンの分泌率がアップし、射精の勢いを高めることにつながります。

 

筋トレには無酸素運動が多いものの、有酸素運動を取り入れれば血流改善にも役立ちます。血のめぐりが良くなれば、勃起力が高まって一石二鳥です。

 

特におすすめしたいのが、PC筋と呼ばれる部分のトレーニングです。

 

本来は尿や便を切るための筋肉で、恥骨から尾骨までつながっています。

 

骨で支えられているだけのPC筋は、圧迫に弱いのがネックです。普段、座っていることが多いという人は要注意。

 

PC筋が衰えてきて、尿漏れしやすくなったり痔になる恐れもあります。

 

PC筋はペニスの充血を締めることもできるので、鍛えておくと長時間の勃起力がついてきます。

 

逆に、PC筋が衰えれば勃起力も衰えてくるのです。PC筋を鍛えるには、肛門を締めたりゆるめたりを繰り返すのが効果的です。

 

10回1セットで、1日4セットくらいやってみると、筋力がついてくるでしょう。

 

下半身の筋肉を鍛える

 

勃起力を上げるには、下半身の筋肉を鍛えるのも効果的です。

 

勃起させるにはペニスに血流を集める必要があるので、ペニスに近い太ももを鍛えるとよいというのが定説です。

 

太ももの筋肉は全身の中でも大きく、鍛えることによって脂肪燃焼や血流が高まる効果があります。

 

簡単なところで、スクワットをすると太ももを鍛えることができます。AV男優も欠かせない筋トレだということなので、今日からでも始めてみてはいかがでしょうか。

 

精子を作る食事をとる

 

 

元気な精子を作るためには、食事の栄養に気を配ることも重要です。現代人の精子の数は、ここ30年で半減しているのだとか。

 

これは世界的な傾向で、特に先進国では精子の濃度や精子の数は半分に減ってしまっているという研究結果も報告されています。

 

同研究によってわかったことは、貝類を食べている人ほど精子がまっすぐに進む力が強いということ。

 

貝類の種類にもよりますが、アミノ酸やミネラルを多く含んでいる貝類も多いことから期待できます。

 

例えば、牡蠣などは男性力を高める食品として昔からよく知られています。

 

牡蠣に多く含まれる栄養成分といえば、亜鉛です。男性の精力には、欠かせない成分ですね。

 

アミノ酸の中でも、シトルリンやアルギニンは男性用サプリにも必ずといっていいほど配合されている成分。

 

それもそのはずで、シトルリンには筋肉増強や精力増強、アルギニンには血流促進や成長ホルモン合成の促進などの作用があるのです。

 

シトルリンはスイカやキュウリなどのウリ科の植物に、アルギニンはナッツ類や大豆製品、マグロ、エビなどに多く含まれています。

 

特にナッツ類は、トリプトファンというアミノ酸を多く含んでいます。体内でセロトニンやメラトニンの材料となり、ホルモンバランスを保つのに役立ちます。

 

脂肪酸が多いことから食べ過ぎは禁物ですが、おやつやおつまみに食べるならナッツを選ぶのがいいかもしれません。

 

睡眠はしっかりと!

 

睡眠をしっかりとっておくことも、大切です。せっかく栄養をしっかりとったり筋肉を鍛えても、睡眠不足では意味がありません。

 

なぜなら、睡眠中に筋力のダメージが回復され、食べたものの栄養が役立つからです。

 

ホルモンの分泌が最も活発になる睡眠中は、男性力を改善するにも絶好の機会。何はおいても、睡眠はしっかりとるようにしましょう。

精子をドバドバ、射精の飛距離を伸ばすならこれ

 

先に紹介した精子を作る食べ物ですが、日常的な食事で十分な量を摂取するのは難しいかもしれません。

 

というのも、シトルリンを多く含むスイカやキュウリを大量に食べるのは困難で、アルギニンは摂取しても6割方吸収されないというのです。

 

亜鉛を多く含む牡蠣なども、季節性があったりアレルギーの人は食べられないなどのデメリットがあります。

 

こうしたデメリットをクリアするには、サプリがおすすめです。十分な量を効率よく摂取できますし、面倒な手間もかかりません。

 

おすすめ記事

 

ヘラクレスの体験談まとめ!コスパ最強・5か月分が2.5万以下!

 

↑シトルリン・アルギニンたっぷり配合!

 

本当に効果のあるペニス増大サプリランキング!

 

↑射精感も格段に増します!

まとめ

今回紹介した方法は、今現在射精の勢いがなくなったと悩んでいる人に限らず、射精の飛距離を伸ばしたい、もっと精子を出したいという人にもおすすめです。

 

意外と簡単にできる方法ばかりなので、試してみてください。あまり思い悩まず、気楽に過ごすことも元気になるコツです。

このページの先頭へ戻る