ガチガチにペニスを硬くする方法!中折れ、ふにゃちんの方に届け!

 

ふにゃちんや中折れに悩んでいる人は、どうして勃起に問題があるのか原因を知っていますか?

 

ペニスを硬くするにはいくつもの方法がありますが、そのどれもが自分に合うとは限りません。

 

最適な方法でペニスを硬くするやり方を見つけるために、勃起の仕組みから再チェックしていきましょう。

 

ペニスが硬くなる(勃起)仕組みとは?

 

勃起させるなんて簡単と思っている人も多いかもしれませんが、実はその仕組みは複雑です。

 

神経や血管が正常に働いているだけでなく、関連する様々な物質も分泌されていなくてはなりません。

 

勃起しペニスが硬くなる流れとしてはこんな感じ!

 

男性が性的な刺激を受けると、脳の中枢神経がたかぶります。
(エロ動画やムラムラがこの段階)

 

 

すると脊椎神経を情報が伝わって陰茎まで届きます。

 

 

こうなって初めて、NO(一酸化窒素)が放出されて勃起できる状態になるのです。
(ムクムクの始まり)

 

 

一酸化窒素が放出されたら、勃起に関係する動脈がゆるみ始めます。

 

 

これにより、陰茎の海綿体に血液が流れ出します。すると血液に圧迫されて海綿体が硬くなり、勃起状態となるのです。
(フル勃起!)

 

勃起状態が維持できない、すなわち中折れしてしまう原因として考えられるのが海綿体の末梢血管が硬くなってしまうこと、ペニスまで血流を送るための情報を届ける神経に障害が発生することなどです。

 

加齢によって中折れしやすくなるのも、こうした原因が大きく関係しています。

 

年をとってくると動脈が硬くなり、体中の血管が詰まりやすくなってきます。

 

ペニスの海綿体にある末梢血管は、心臓や脳より細いため、年をとるとまずは勃起に影響がおよぶのは当然ともいえることなのです。

 

現代では、加齢に限らず勃起力が衰えていたり勃起を維持できなくなってしまう若者も増えています。

 

昔とは食生活や生活習慣、環境などが変わってきていることから、勃起力に影響が出てしまっているのでしょう。

【ふにゃちん卒業】ペニスを硬くする9つの方法!

 

ペニスを硬くして、ふにゃちんから卒業するにはいくつもの方法があります。

 

まずは、ED治療薬や手術などの医療系の方法。それから、コックリングやPC筋を鍛える運動系があります。

 

血管を強くするシトルリンの摂取や食生活の見直しは、基本中の基本です。

 

同時に、睡眠や禁煙などの生活習慣改善系も外せません。

 

あとはオナ禁する方法がありますが、全部試してみてもいいし、できるところからやってみてもいいので、とりあえずそれぞれの方法をチェックしていきましょう。

 

ED薬を飲む

 

ふにゃちんや中折れに悩む人がEDと診断されたら、ED薬に頼ることができます。バイアグラなどのED薬は、個人輸入なら医師の診断や処方を受けなくて入手可能です。

 

しかし、その代償も覚悟しておかなければなりません。医師から病気と診断されるほどのEDであれば、医師の指導のもとで薬を服用することができます。

 

ただし、ED薬には副作用があることも認識しておきましょう。また、個人輸入で入手したED薬の多くは偽物だったり、業者から詐欺に遭う可能性が少なくありません。

 

詐欺に遭うくらいならいいほうで、偽の薬を飲まされて健康を害してしまう恐れすらあります。

 

手術を受ける

 

医療機関で、EDの手術を受けることも可能です。これはED薬が適していない人に対しておこなわれる方法で、日帰りで受けられるのがメリットです。

 

陰茎の海綿体内にシリコン製インプラントを移植する手術で、勃起したいときにコントロールできる便利さがあります。

 

ただし、体内にシリコンを入れるという大手術で細菌感染などのリスクもある他、健康保険の適用外で費用が高いのも特徴です。

 

まずは他の方法を試したり、他の方法を試せない場合に可能性が出てくる方法ですから、お金を出せば誰でも受けられるというわけでもありません。

 

コックリングを装着

 

リング状の器具をペニスに装着するコックリングは、ペニスの細胞からの血流を遅らせることができます。

 

これにより勃起時間を延ばせる可能性が出てくるというもので、医療機関で勃起不全の治療に使われることもあります。

 

ただし、使い方を間違えるとペニスがうっ血してしまう恐れがあり、逆効果にもなりかねません。口コミ評判が高い、性能の良いものを選ぶのが安心です。

 

PC筋強化

 

ED薬や手術、コックリングの装着に比べると、一気に始めやすい方法に思えるのがPC筋強化です。

 

PC筋とはパソコンを使うときの筋肉ではなく、肛門や尿道に関わる筋肉です。

 

排せつ時の力をコントロールする筋肉ですから、鍛えておくとペニスを硬くするだけでなく年をとって下の粗相をしてしまうことがなくなるかもしれません。

 

PC筋を鍛えるには、肛門をキュッと引き締めたりゆるめたりする運動を繰り返すだけでOKです。

 

暇なときにこの運動をしてみると、無理なくPC筋が強化されてくるでしょう。

 

食生活の見直し

 

食生活の見直しをしてみることも、対策となります。現代人の多くが、栄養バランスに偏りのある食生活を送っています。

 

健康には気を遣っているという人でも、案外勃起力を低下させるような原因があるかもしれません。

 

例えば、血流が悪くなるような食事ばかりしていたりすると、ペニスに血がまわらなくなるのは当然です。

 

筋肉を増強するために役立つ栄養をとったり、男性ホルモンの分泌を促進するような食事を心がけると効果的です。

 

睡眠をたっぷりとる

 

睡眠中には、ホルモンの分泌率がアップします。

 

もちろんそのための食事をしっかりとっておくことも大切ですが、睡眠には疲れをとったり筋肉を回復させる作用もあるのが大きなメリットです。

 

ストレスがたまっていると、精神的にも体力的にも勃起に影響が出てしまいます。ホルモンバランスや自律神経を整えるのも、睡眠の大きな役割です。

 

寝るだけで、こんなに多くのことをしてしまえるなんて凄いことです。

 

他の方法は難しいという人は、まず睡眠をとることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

禁煙する

 

禁煙には、動脈硬化を進行させてしまう恐れがあります。タバコに、老化を進めてしまうような物質が含まれているからです。

 

血の巡りが悪くなればペニスの海綿体に血液が流れていかず、ふにゃちんになってしまいます。

 

心臓や脳以上に細い血管が流れている海綿体は、血の巡りの悪さが一番に影響してしまう部位なのです。

 

禁煙することで、失われる栄養も少なくなり、健康的な生活を送れるようになるでしょう。

 

若々しい元気な体を維持するように努めれば、勃起力もついてきます。

 

オナ禁する

 

オナ禁の効果は、膨大です。中でも、睡眠が深くなる、疲れにくくなる、筋力がついてくるなどの効果はペニスを硬くするために見逃せません。

 

なぜオナ禁することでこんな効果に期待できるのかは、男性ホルモンの働きに関係しています。

 

男性ホルモンが多いほど男性らしさが増すものですが、それをオナニーによって放出しまくってしまえば肝心なところで男性ホルモンの作用を発揮できません。

 

射精すると、プロラクチンというホルモンが分泌されます。

 

一方で、分泌が抑制されるのがテストステロンというホルモンです。

 

時間がたてばテストステロンが回復するものの、回復を待つ前に射精を繰り返しているとテストステロンの濃度は薄くなってしまいます。

 

テストステロンには筋肉がつくメリットがあり、減るのは避けたいところです。そこで、適度にオナ禁しておくのがペニスを硬くすることにつながります。

 

シトルリンを摂る

 

シトルリンは、スイカから発見されたアミノ酸の一種です。

 

スーパーアミノ酸とさえ呼ばれる成分で、血管の健康維持に不可欠だとされています。

 

血流をよくするだけでなく、疲労回復や持久力アップにも役立ちます。

 

シトルリンを摂取してから運動すると、NO(一酸化窒素)が発生して血管が拡張し、血流が促進するのです。

 

すると酸素や栄養も吸収されやすくなって、筋肉に糖が取り込まれます。

 

結果的に筋力アップにもつながり、ペニスを硬くするためには一石二鳥です。

 

さらに、アルギニンと合わせて摂取することで一酸化窒素の産生率が高まるため、ペニス増大サプリにはアルギニンとの組み合わせが多くなっています。

【ここが大事】ペニスの硬さを維持する方法!

 

これまで紹介した方法にチャレンジして、ペニスの硬さを取り戻したとします。

 

しかし、それを維持できなければ意味がありません。

 

食生活や生活習慣の改善、運動などは、一度始めたらずっと続けるのがペニスの硬さを維持する秘訣です。

 

とはいえ、方法によっては継続が難しいものもあるでしょう。

 

シトルリンの摂取など、食品からでは無理があります。

 

PC筋を鍛えるのも、それだけで全面的なペニスの回復につながるとは限りません。

 

そこでおすすめしたいのがサプリです。

 

サプリなら、シトルリンやアルギニンなどを十分に摂取するためにどのくらいの食品を食べなければならないかといった面倒な計算は不要です。

 

ちなみにシトルリンは、1日に800mg以上摂取しないと効果につなげるのは難しいといわれています。

 

それだけの量のシトルリンを摂取するには、キュウリにして1日50本以上食べなければなりません。

 

ハッキリいって、無理がありますよね。そんなことを簡単にかなえてくれるのも、サプリのいいところです。

 

シトルリンに加えてアルギニンも配合されているサプリなら、二重効果に期待できます。

 

相互作用のあるシトルリンとアルギニンだけに、ふにゃちんや中折れの悩みはサプリに頼るのが便利そうですね。

 

もちろん、サプリにプラスして健康的な生活や運動などもしておくと効果大です。

 

シトルリン・アルギニンをダブル配合したサプリはここ↓

 

ヘラクレスの体験談まとめ!コスパ最強・5か月分が2.5万以下!

まとめ

ペニスが思うように硬くならなかったり、途中でダメになってしまうと、男としての自信を失いそうになります。

 

いや、男としての自信が多少なりとも損なわれてしまうはずです。心身共に自信を持って毎日を過ごすためにも、ふにゃちんや中折れの問題を放っておかずに積極的に解決しましょう。

 

解決法は、簡単です。あとは、いつ始めるか。すぐに始めたほうが、少しでも早く理想のペニスが手に入るのではないでしょうか。

このページの先頭へ戻る