包茎の治し方。3つの方法を比較してみた

 

包茎の男性は日本人に多いというけれど、自分が包茎だとわかったらやっぱり悩ましいですよね。

 

人によっても状況が異なる包茎ですが、ずっと一人で悩んだままでいるよりは少しでも状況を改善していけるように前向きな努力をおすすめします。

 

そこでここでは、包茎の治し方について、必要性も合わせて紹介していきます。

 

包茎とは?まずは自分がどのタイプか把握しよう!

包茎のタイプ画像

 

包茎の状況を改善するには、まずどんな包茎のタイプがあって自分がどのタイプなのかを知ることが大切です。

 

大きく3つに分けられる包茎のタイプについて、見ていきましょう。

 

仮性包茎(画像左)

 

日本人男性の約7割が仮性包茎といわれています。

 

平常時には亀頭の一部あるいは全体が包皮に覆われているものの、剥こうと思えば簡単に包皮を自力で剥けるのが特徴です。

 

自然に改善してくることもあり、あまり深刻に悩み過ぎる必要はありません。

 

もちろん人によって程度が異なりますし、包皮を剥いても押さえていなければ段々元の状態に戻って亀頭が皮をかぶってしまうのは厄介です。

 

勃起していても、包皮がかぶったままで亀頭が出てこない状態のケースもあります。

 

他の包茎に比べると問題が深刻でないにも関わらず、悩みが大きくなってしまう可能性が高い人もいます。

 

包皮を簡単に剥けるため、気軽に包皮を剥いていて元に戻るときに陰毛が巻き込まれることが多いのも要注意です。

 

陰毛が包皮に巻き込まれると、包皮だけでなく亀頭を傷つけてしまう恐れがあります。

 

仮性包茎だと、平常時には包皮にカリが隠れています。

 

そのため、カリの部分に恥垢がたまりやすく衛生面で問題が起こりやすいのにも注意が必要です。

 

他の包茎よりも程度は軽いものの、見た目の点で恥ずかしいと仮性包茎を治す手術を検討する人も少なくありません。

 

真性包茎(画像右)

 

平常時でも勃起した時でも、亀頭が露出されないのが真性包茎です。

 

無理に包皮を剥こうとすると、ダメージがおよぶ心配があります。

 

基本的に包皮が全く剥けない状態が続くため、恥垢が仮性包茎以上にたまりやすいのもネックです。

 

これにより、衛生面だけでなくにおいの問題もキツくなってきます。包皮の内側に雑菌がたまって、感染症や炎症などが発生するリスクがあるのも、真性包茎のデメリットです。

 

こうなると、セックスにも支障が出てくる恐れがあります。

 

真性包茎には、大きく分けて2つの種類があります。

 

1つは、包皮を無理に剥こうとすると、剥けそうでいて痛みが生じるタイプの真性包茎です。

 

包皮口が狭いため、亀頭が出てこられなくなっているのが原因です。

 

もう1つのタイプは、無理に包皮を剥こうとしてもビクともしない真性包茎です。

 

包皮の内側と亀頭が一体になってしまっているようで、ちっとも動きません。

 

皮脂や恥垢がたまり過ぎて、癒着してしまっているのです。真性包茎の場合、少しでも早く包茎手術を検討したほうがよいでしょう。

 

カントン包茎(画像真ん中)

 

カントン包茎は、包皮を剥けそうで手間取るタイプの包茎です。

 

真性包茎のように痛みを感じたり包皮がビクともしないということこそないものの、仮性包茎ほど簡単に剥くことはできません。

 

原因は、包皮口が亀頭の大きさより狭いことです。無理に包皮を剥こうとして力を込めたりすると、痛みを伴うことがあるので注意しておきましょう。

 

何とか包皮が剥けるのだからと軽く考えていると、とんでもない事態になることがあるのがカントン包茎の怖いところです。

 

カントン包茎では、包皮が剥けて亀頭が完全に露出した後に元の状態に戻らないことがあります。

 

そもそも包皮口が狭いので、カリに包皮が引っかかって元に戻らなくなってしまうのです。

 

うっかりそのままにしておくと、包皮口の狭いところでペニスが締め付けられてしまいかねません。

 

ペニスがうっ血したままになり、細胞組織が壊死してしまう恐れがあるのです。そうなったら、最悪ペニスを切除しなければならないかもしれません。

 

包茎のほうがまだましだったと思えるほど、取り返しのつかないことになってしまいます。

 

平常時でもペニスが締め付けられた状態なのですから、勃起したときにはさらにうっ血が激しくなり危険です。

 

そんなことにならないよう、カントン包茎かもしれないと思ったら早めに手術を検討したほうがよいでしょう。

茎の問題点、デメリット。なぜ治す必要があるのか

 

ところで、包茎にはどのような問題点があるのでしょうか。

 

日本人男性の多くがなっているという仮性包茎には、特に大きなデメリットを感じていない人もいます。

 

そのまま放っておいてもよいのではないかと考える人もいるかもしれません。手術するには費用もかかるしと、治療の必要性について悩んでいる人もいるでしょう。

 

まず問題とされるのが、不衛生になって臭いが気になりやすい点です。

 

亀頭が包皮をかぶったままの状態では、恥垢や皮脂がたまりやすくなります。

 

その量は人によっても異なりますが、軽い仮性包茎でも定期的に汚れを落とさないと臭いが気になってくるでしょう。

 

臭いが気になると問題になってくるのが、女性から嫌がられることです。

 

フェラチオを拒絶されるだけでなく、挿入すら拒まれてしまうかもしれません。

 

女性にしてみれば、不衛生なペニスを挿入されて感染症などになってしまっては困るからです。

 

フェラチオを拒否されるのは、単純に臭いに耐えられないこともあるでしょう。

 

包茎だと、早漏になりやすいのもデメリットの一つです。

 

通常は亀頭が包皮に覆われているため、摩擦の刺激に敏感に反応してしまうのです。

 

包茎=早漏というわけではありませんが、包茎の人が早漏というのには納得できるものがあります。

 

包茎の治し方は次の3つ

 

包茎の治し方には、主に3つの方法があります。

 

それぞれの方法にメリットとデメリットがありますので、おすすめ順にチェックしていきましょう。

 

包茎手術

 

医療機関で包茎手術を受ければ、どんな包茎でも治る可能性が高いです。

 

仮性包茎だろうが真性包茎だろうが、カントン包茎だろうが、種類や程度は問いません。

 

男性治療の専門家に相談できる安心感や技術への信頼度も高く、確実に包茎を治したいという人に向いている方法です。

 

包茎手術にも、いろいろな方法があります。メスを使わない方法、メスを使う方法など、包茎の種類や状態などによってもとられる手術方法は違ってきます。

 

とにかくどうしたらよいかわからないという場合でも、専門医がカウンセリングで相談に乗ってくれる点でも気持ちが軽くなるでしょう。

 

包茎矯正グッズ

 

仮性包茎なら、市販されている包茎矯正グッズを使用する手もあります。

 

手術に比べれば確実とは言い難いものの、費用を抑えて試してみたいという人には注目の方法です。

 

ただし、真性包茎やカントン包茎の場合は包茎矯正グッズでの治療は無理だと思っておいたほうがよいでしょう。

 

無理にグッズを使用することで、かえって状態が悪化してしまう恐れがあるため注意してください。

 

包茎矯正グッズには、有名なところでキトー君やコックリングなどがあります。

 

キトー君は、医療で用いるペンチのような形をしているグッズです。

 

目的は、包皮口に差し込んで広げることによって、包皮口を広くすること。包皮口が広がれば、亀頭が自然に出てきやすくなるというイメージです。

 

コックリングは輪っか状になったグッズで、ペニスに固定することによって締め付けます。

 

勃起力をアップする目的で使用されることが多く、包茎の人が用いる場合は仮性包茎までと思っておいたほうがよいでしょう。

 

仮性包茎でもコックリングを外してしまえば元の状態に戻って効果が持続しないことがほとんどで、そもそも包茎矯正グッズとしては役立たないという意見もあります。

 

また、真性包茎やカントン包茎への効果は期待できません。

 

ペニスを締め付けてしまうため、万が一のトラブルが起こるリスクがあることも考えておきましょう。

 

絆創膏や輪ゴムを使って、包茎矯正しようとする人もいます。ただしこれは、無理に包茎矯正グッズを用いるよりも危険です。

 

衛生面でトラブルが起こりやすく、締め付けによるうっ血でペニスが使い物にならなくなる恐れもあります。

 

包茎を治すサプリを飲む

 

サプリで包茎を治せればいいな、と思ったことはありませんか?飲むだけで包茎を治せるなら、どんな方法よりも簡単ですよね。

 

巷では、ヘラクレスやヴォルスタービヨンドといったペニス増大サプリを用いて包茎対策などという噂も出ています。

 

これらのサプリには、亀頭やペニス増大の効果に期待できる成分が含まれています。ただし、亀頭が大きくなっても包茎が治るかというと疑問です。

 

仮性包茎なら期待できないこともありませんが、基本的には包茎を治す目的で作られているサプリではないことを認識しておいたほうがよいでしょう。

 

ヘラクレスやヴォルスタービヨンドなどのサプリを利用して亀頭やペニスが増大しても、逆に包皮に無理がかかってしまうかもしれません。

 

真性包茎やカントン包茎ではチャレンジしてみないほうが賢明で、包茎を治すサプリなど今のところはないと考えておいたほうがよいかもしれません。

まとめ

包茎の治し方で一番確実で安心なのは、クリニックで包茎手術を受けることです。

 

意外に、多くの男性が包茎手術を受けていることも励みになるでしょう。

 

いろいろ試してみてからよりは、最初からクリニックで専門医に相談してしまうほうが話が早く、最悪の事態になる心配もないのかもしれません。

このページの先頭へ戻る