フランスを戦慄させた首飾り事件

嘘と詐欺を考える

マリー・アントワネットという存在の凋落

詐欺事件といえば現代だけでなく、様々な時代で行われている。中でも有名すぎる詐欺事件といえば、やはり中世フランスにて実際に起こった『首飾り事件』をおいて他に無いでしょう。この事件をきっかけにして当時のフランス王室、ルイ16世とマリー・アントワネット王妃は名実ともにその人気を凋落させることとなる。そんな首飾り事件を題材にした映画作品もある。『マリー・アントワネットの首飾り』、2002年に日本で公開されたこちらの作品は実際の史実を題材にして繰り広げられているため、反響を呼んだ作品でもある。

実際の事件が事件だけに、作品よりも史実の方が歴然とした知名度を誇っているため説明は不要かもしれません。この事件をきっかけにしてマリー・アントワネットと呼ばれた時代の寵姫はその地位を失うと同時に、その首を断頭台により落とされるまでになってしまうのだった。

では改めて事件についてその流れを見ていこう。

どうして事件は起きたのか

この事件で焦点となったのはマリー・アントワネット、そして『ルイ・ド・ロアン枢機卿』と『ジャンヌ・ド・ラ・モット・ヴァロア』の3人が鍵となっています。当時王よりも民衆の人気が高かったと言っても良いマリー・アントワネットにすれば忌むべき事件とも言うべきものになってしまった。それもそのはず、この事件で実は一番の被害者でもあったロアン枢機卿で、彼は王妃とお近づきになり、将来的に宰相の地位につけるようにとその距離感を縮めたかった。しかし以前から毛嫌いされていたため、謁見することすら叶わず諦めかけていたところに近づいてきたのがラ・モット伯爵夫人です。

彼女との交流をきっかけにして、王妃が欲しがっているとされていた当時数十億と言われる首飾りを購入したがっていると伯爵夫人から囁かれ、それを入手した。しかし首飾りは忽然と消えてしまい、その後の消息とどうして金額を払ってくれないのかと糾弾したところで事件が発覚します。

これによりロアン枢機卿やラ・モット伯爵夫人を含めた関係者達が一斉に逮捕された。マリー・アントワネットとしても自身の名を騙っての詐欺事件とあってパリ高等法院にて裁判を持ち込むほどの激昂ぶりを見せるのだった。

首飾りはどうして作られたか

そもそも首飾りは宝石商を営んでいたベーマーとバッサンジュによって作られた一品でした。以前から宮廷御用達の宝石商としてその名を馳せており、王妃としても彼らから宝石を購入することが多かった。良い取引先として懇意にしていたため、熱心に宝石を売っていたという。そんな中で先王の寵姫として知られていたデュ・バリー夫人が購入するだろうと予測して作ったのが、後の首飾り事件でキーポイントとなる超豪華なネックレスだった。

540粒ものダイヤが使われたそれを買ってくれると思っていたが、ルイ15世が死去してしまったためにデュ・バリー夫人もまた没落してしまう。これに焦ったベーマーはマリー・アントワネットになんとか買ってもらおうとして画策する、その中でロアン枢機卿が王妃の代理として購入するという話を聞いて渡してしまったのだ。その後忽然と首飾りは消えてしまい、ラ・モット伯爵婦人によってそれらは解体されて各地にてばら撒かれてしまったという。

ロアン枢機卿とマリー・アントワネット

この事件をきっかけにマリー・アントワネットとしても、ロアン枢機卿を罪に問わせたいという一心だった。それもそのはず、元々放蕩気味で堕落しきった聖職者としても知られていたために、マリー・アントワネットのみならずルイ16世もロアン枢機卿を毛嫌いしていたのだ。しかし民衆たちにすればそんなこといざ知らず、裁判の結果でむしろロアン枢機卿は被害者として無罪判決を下します。

判決に納得がいかない王と王妃、そしてルイ16世は強引に判決を下した裁判長を解任し、ロアンを宮廷司祭から解任して地方の修道院へと左遷する決定を下した。その横暴なやり方に国民は反発を引き起こし、フランス王室の権威を揺るがしかねない一大スキャンダルとして当時賑わせていたのです。ロアン枢機卿の本性ならびに王室での出来事など、一切の情報を知らなかった国民たちの行動は計り知れませんでした。

注意として

この首飾り事件は実質的にルイ16世とマリー・アントワネット王妃の2人の人気を地の底にまで追いやる出来事となった。ただ一部の歴史家たちによる偏見からか、この事件をきっかけとしてフランス革命が起こったと推測するフィクションまで登場している。逆にこんなスキャンダルで王国を打破しようという方が何だか悲しくなってくる。フランス革命は財政状況の悪化に加えて、民衆を不遇にしか扱わない政治などが最も大きな主力となっている。そのやり玉として挙げられたのがマリー・アントワネットであり、彼女が非業の死を遂げる遠因をもたらしただけに過ぎないのだ。

ただ首飾り事件をきっかけにして民衆の不満や矛先が彼女に向かっていった事、それに付いては紛れも無い事実だ。

詐欺ではありません

すっかり寂しくなった髪の毛を自然な男性用かつらで増やしてみたい・・・。安いのはいいけど品質は平気かなぁなどをお考えですか?それなら大丈夫です!アートリイドのオーダーメイド男性用かつらは三拍子揃っていますので。

↑PAGE TOP